院長の糖尿病ノート

1型糖尿病の病因は

2017.08.01

1型糖尿病は、インスリンを作っている膵臓のβ細胞が、自己免疫的なメカニズムにより破壊され、インスリンを作る能力がなくなり糖尿病を発症します。

発病率には大きな地域差があり、フィンランドをはじめとする北欧諸国などに多く、中南米諸国では著しく低いことが知られています。日本における発病率は、世界の中でも低いグループに分類されています。

 

病因ですが、一卵性双生児の方が二卵性双生児よりも1型糖尿病の一致率が高いことから遺伝的要因が大きいと考えられます。しかしながら、その一致率が50%未満であることから、遺伝的要因に加え、環境因子の影響も加わって発症する多因子疾患であると考えられています。

 

遺伝的要因としては、白血球抗原であるHLA遺伝子の関与が強いと考えられており、日本人ではDR4、DR9のタイプの人は発症しやすく、DR2というタイプの人は発症しにくいことがわかっています。このHLAのタイプの違いが、発病率の地域差に関連していると考えられます。それ以外にも、複数の遺伝子が1型糖尿病の疾患感受性遺伝子として報告されています。

 

一方、環境因子としては、食事やウイルス、環境有害物質などがあります。1型糖尿病の多い北欧では、乳幼児期から乳製品を多く摂っており、生後早期に牛乳摂取を開始すると1型糖尿病の発症危険度が高くなるとの報告や、高率に患者の血液中にアルブミンに対する抗体が検出されることから、ウシアルブミンが自己免疫を誘導し発症の契機となる環境因子である可能性が指摘されましたが、患者と健常者との間に母乳保育の頻度に差がなかったとの報告もあり、はっきりしたことはわかっていません。また、1型糖尿病の約2割の患者さんで発症前に上気道炎症状がみられていることから、ウイルス感染が1型糖尿病の発症要因と考えられています。コクサッキーウイルスB4や流行性耳下腺炎、風疹、EBウイルス、サイトメガロウイルスなどが報告されていますが、直接的な因果関係については明らかになっていません。

 

このように、1型糖尿病の原因については多くの報告・知見がありますが、いまだ不明な点も多く、「治る病気」「発症の予防」を目指して発症メカニズムの更なる解析・研究が進められています。

 

カテゴリー|

インスリンは一度始めると一生やめられない?

2017.07.26

インスリンが体内で作られない1型糖尿病の人は、生命を維持するためにインスリン注射の継続が必要です。また、2型糖尿病でも経口薬でもコントロールが不十分な場合や、肝臓・腎臓の働きが悪い場合、手術前後、妊娠中などではインスリン注射が必要となります。

 

インスリン注射を始めると、膵臓が怠けてインスリンがもう出なくなるのでは?と心配される方もいますが、実際は正反対です。

高血糖が続くと、膵臓は疲れてインスリンの分泌が落ちてきますが、外からインスリンを注射して血糖コントロールを良くしながら、注射によって膵臓の働きを肩代わりして膵臓を休ませてあげると、インスリン分泌が復活し、インスリン注射が中止できることもあります。

ただし、長期間血糖コントロール不良の状態が続き、膵臓が疲弊して元に戻らないぐらいに傷んでしまうと回復することは難しくなります。

 

 

以前はインスリン注射というと、糖尿病治療の最後の切り札という考えがありましたが、現在は早期の段階から良好な血糖コントロールを実現するための手段として取り入れられています。インスリン注射を勧められたからといって、必ずしも重度の糖尿病とは限りません。

時期を逃さず、適切なタイミングでインスリン治療を始めることが、膵臓を長持ちさせるためにも大切だといえます。

カテゴリー|

「ホルモン」とは、「内分泌」とは

2017.07.18

今から100年以上前に、英国の生理学者スターリング博士が、小腸で作られて血流に乗って膵臓に運ばれ、膵液の分泌を増やす働きをする物質「セクレチン」を発見しました。そして、この「セクレチン」のように「血流を介して運ばれ、離れた臓器を刺激する物質」を「ホルモン」と呼ぶことを提唱しました。

 

 

現在、体内には100種類以上のホルモンが見つかっています。そして、さまざまなホルモンが血流の中に分泌されることを、「内分泌(ないぶんぴつ・ないぶんぴ)」と呼びます。これに対し、唾液が口の中に分泌されたり、涙が目の表面に分泌されたりすることを、「外分泌」と呼びます。

 

ホルモンは、全身のさまざまな臓器で作られています(下表)。内分泌系は、外敵の攻撃や環境変化が生じたときに、情報を素早く全身の細胞・臓器に伝達し、一丸となって刺激に反応し、体内の状態を維持しようとする(ホメオスターシスといいます)ための生体防御システムと考えられます。血流を介さずに隣の細胞に直接ホルモンを分泌したり(傍分泌系;パラクライン)、自分でホルモンを受けとる場合(自己分泌系;オートクライン)もあり、それらも含めて内分泌と呼びます。

 

 

ホルモンの異常によっておきる病気を、内分泌疾患といいます。ホルモンの量がおかしくなる場合がほとんどですが、ホルモンの働きが異常になる場合もあります。ホルモンは、ごく微量で非常に狭い範囲内(基準値内)に調節されています。ホルモンの量が多すぎると機能亢進、少なすぎると機能低下になり、身体のさまざまな不調、臓器障害をきたします。ホルモン過剰の場合はホルモンの量を抑える治療(内服・注射・手術など)を、不足の場合はホルモン補充療法を行います。

 

内科や健診などの血液検査には、一部のホルモン以外、内分泌疾患の検査は含まれていないことが多く、原因がわからない体調不良が続く場合には、一度内分泌の検査を受けることをお勧めします。

 

ホルモンを作る内分泌臓器 分泌される代表的なホルモン 主な作用
下垂体 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH) 副腎皮質ホルモンの分泌を促進
甲状腺刺激ホルモン(TSH) 甲状腺ホルモンの分泌を促進
成長ホルモン(GH) 成長を促進
プロラクチン(PRL) 乳汁の分泌を促進
黄体形成ホルモン(LH)

卵胞刺激ホルモン(FSH)

性ホルモンの産生を促進、女性の月経周期の調節
抗利尿ホルモン(ADH) 尿を濃くし、体内の水分を保持
甲状腺 甲状腺ホルモン 全身の代謝を促進
副甲状腺 副甲状腺ホルモン(PTH) 骨からカルシウムを血液へ放出し、血中カルシウム濃度を上昇
膵臓 インスリン 肝臓からの糖の供給を抑制、筋肉・脂肪組織での糖の利用を促進し血糖値を保持
グルカゴン 肝臓からの糖の供給を促進し、血糖値を保持
副腎 糖質コルチコイド(いわゆる副腎皮質ホルモン) 血圧・血糖値の保持、抗炎症作用など
鉱質コルチコイド(アルドステロンなど) 塩分を保持し、血圧を保持
カテコラミン(アドレナリン、ノルアドレナリンなど) 全身の代謝を促進

カテゴリー|