院長の糖尿病ノート

糖尿病内科

なぜ糖尿病になりやすい人となりにくい人がいるのか -2型糖尿病の遺伝因子-

2017.07.04

 

日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病は、食べ過ぎや運動不足などの環境因子とインスリン作用に関わる遺伝因子が複数重なり合って生じる「多因子疾患」です。同じように生活をしていても糖尿病になる人とならない人がいるのは、遺伝因子の影響です。

 

では、糖尿病の遺伝因子は何でしょうか?

 

従来、遺伝因子の解析には、病気に関与すると考えられる遺伝子の染色体上の位置を同定していく「ポジショナルクローニング」と呼ばれる方法と、病気の発症機序から関係している可能性が考えられる遺伝子(個補遺伝子)の異常を検索する「候補遺伝子解析」があり、ポジショナルクローニングは、1980年代に開発されて以降多く用いられ、パーキンソン病などをはじめ1000を超える疾患の原因遺伝子が明らかにされてきましたが、糖尿病のような多因子疾患の解析にはうまくいかないことがわかり、候補遺伝子解析によって、種々の遺伝子群と糖尿病との関連が明らかにされました。これらの遺伝子変異は、それ自体は効果の弱い遺伝子変異・多型ですが、複数の変異の組み合わせにより、効果がある一定水準(閾値)を超えたときに初めて発症に至り、その組み合わせは個人によって異なります。

 

2003年にヒトゲノム計画が終了し、全塩基配列が決定しました。その後、ゲノムワイド関連解析(GWAS: Genome-wide association study)と呼ばれる解析手法が発展しました。特定の遺伝子や狭い領域の染色体に注目する候補遺伝子解析とは逆の、ゲノム全体を見渡す手法です。

個人間における遺伝子の一つの遺伝暗号(一塩基)の違いを、SNP(スニップ;single nucleotide polymorphism:一塩基多型)といい、病気のなりやすさ(感受性)、なりにくさに影響を与える因子と考えられています。SNPはヒトの全ゲノム中に1000万種以上もあるといわれていますが、GWASは、SNPを位置マーカーとして使い、糖尿病の患者さんに高頻度に見られるSNPを見つけ出して、その近くに存在すると推測される疾患感受性遺伝子を挙げていきます。これまでに、日本をはじめ世界各国から種々の遺伝子の同定が報告されており、糖尿病発症の予防・治療につながることが期待されています。

 

また、遺伝子の塩基配列が正常でも、種々の外的要因(環境因子)によってDNAのメチル化やヒストン修飾などの遺伝子のスイッチオン・オフが起こり、インスリン分泌能などの細胞機能が後天的に変異する「エピジェネティクス(遺伝子発現制御)」も、糖尿病発症に関与している可能性が指摘されており、注目されています。

 

カテゴリー|

糖尿病の薬を飲むと太る?

2017.06.25

 

「糖尿病の治療薬を飲み始めたあとに太ってしまった」と患者さんが受診されることがあります。

 

糖尿病の内服薬には、膵臓からのインスリンの分泌を促進する(インスリンの量を増やす薬)と、インスリン抵抗性を改善する(インスリンの効きをよくする)薬、インスリン作用には直接関与しない薬があります。

 

生活習慣病である2型糖尿病(糖尿病患者さんの9割)には、インスリンの量が少ないことが主原因である場合と、インスリン抵抗性が強いことが主原因である場合の2パターンがあり、それぞれの要素の比率も患者さんによって異なります。

 

インスリンの効きが悪い患者さんにインスリンの分泌を促進する薬を投与してしまうと、肥満を助長してしまい、血糖値は良くなっても長期的には好ましくありません。長期間飲み続けることによって膵臓の傷みが早まってしまったり、動脈硬化の進行や低血糖などで余命が短縮したりしてしまうことさえあります。

また、患者さんの年齢や身体の状態によっても、血糖コントロール目標や治療薬が変わってきます。

 

糖尿病専門医は、糖尿病患者さんが今どういう病態(病気の状態)なのかを的確に判断し、患者さん一人ひとりに最も適切な治療を提供することができます。

 

目先の血糖コントロールだけでなく、長期的な視点から適切な治療を受けて頂きたいと思います。

 

カテゴリー|

地球温暖化が糖尿病患者の増加に影響?

2017.06.19

現在の地球は過去1400年で最も暖かくなっており、最近頻繁にみられる異常高温や大雨、竜巻などの原因ともいわれています。

この地球温暖化が、世界的な糖尿病患者の増加にも影響している可能性が最近の論文で報告されました。

今回の論文によれば、気温が1度上昇すると、糖尿病の発症が1,000人当たり0.314人増加するとのことです。

 

 

その原因ですが、地球温暖化による気温の上昇により、褐色脂肪細胞の働きが低下することが影響している可能性を指摘しています。

私たちの体内に存在する脂肪細胞には、大きく分けて白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり、白色脂肪細胞の方が、私たちが一般的に「脂肪」と呼んでいるもので、皮下や内臓に存在し、体内の余分なエネルギーを脂肪として蓄積しています。一方、褐色脂肪細胞は、肩甲骨の周囲などに存在し、脂肪を燃焼し熱を産生する働きを担っています。この褐色脂肪細胞が多い人は、エネルギー代謝が高く、太りにくいことがわかっています。

かつては、新生児にしか褐色脂肪細胞がないと考えられていましたが、最近の研究により成人にも褐色脂肪細胞が存在することが分かり、肥満・糖尿病の予防や治療の点から注目されています。褐色脂肪細胞は、運動により増加することがわかっており、地球温暖化に個人レベルで対処することは難しいですが、運動をすることによって気温の上昇に備えることは可能ですね。

 

引用論文:

Lisanne L Blauw, et al.: BMJ Open Diabetes Research & Care, 20-MAR-2017

カテゴリー|

日本人は糖尿病になりやすい?

2017.06.12

私たちの身体は、食べ物をしばらく食べられなくても血糖値が下がらないように(低血糖にならないように)するためのセーフティネットが発達しており、複数種類の血糖上昇ホルモン(グルカゴン、カテコラミン、副腎皮質ホルモンなど)によって血糖値が下がり過ぎないようになっています。ところが、血糖値が上がり過ぎないように体内で働いているホルモンはインスリンの1種類しかなく、血糖低下に対する防御機構に比べかなり貧弱です。

 

人類は長い間、生きていくうえで食糧をどう確保するか、すなわち飢餓との戦いの連続でした。食べ物に困らなくなり、周囲に食べ物が溢れているという状況は、ほんのこの数十年であり、長い人類史上、初めての経験です。このため、私たち人類の身体は、血糖値が上がりすぎることを想定していなかったのではないかと考えられます。

 

日本やアジアの多くの地域では伝統的に低脂肪低カロリー食である穀物中心の食文化であり、欧米人と比べ、高カロリーの食事をすることなく生きてきました。このため、インスリンを多量に分泌する必要がなく、日本人は欧米人に比べて遺伝的・体質的にインスリン分泌が少ないのではないかという説があります。

 

戦後、食事の欧米化が進み、牛肉や脂もの・過剰な糖質など、高カロリーの食事をするようになりました。こうなれば、私たちのようなインスリン分泌の少ない人種は、欧米人のようにインスリンをどんどん分泌して血糖上昇に対応することができず、たやすく糖尿病になってしまいます。

また、運動をすれば、少ないインスリンを効率的に使って血糖値を下げられますが、自動車の普及や電化製品の発達によって逆に運動不足が生じ、悪い状況に拍車をかけてしまいます。

 

この結果、糖尿病患者が急増し、国民病ともいわれる現在の状況になってしまいました。

 

 

裏を返せば、若い頃から食事・運動を意識して生活していれば糖尿病の発症を抑えられるということですし、糖尿病を発症しても、高血糖が持続しないうちにきちんと治療に取り組めば、病気の進行を抑えることができます。

 

健康診断などで血糖値の異常を指摘されている方は、早く医療機関を受診して下さい。すでに医療機関で治療中の方は、受診を中断することなく、良好な血糖コントロールを維持することが大事です。

カテゴリー|