院長の糖尿病ノート

知っていますか?運動の効果(管理栄養士/健康運動士)

2017.09.25

朝夕日毎に涼しくなってきました。暑い夏には運動ができなかった方も、そろそろ運動を始めようと思っているところではないでしょうか?

 

  

    

運動が身体に良いというのは、皆さんご存知だと思います。

では実際どのようにいいのか、運動の効果をまとめてみました。

 

・血液中のブドウ糖の利用が促進され、血糖が低下する(急性効果)

・インスリンの効きを改善する(慢性効果) → 血糖が下がりやすくなる

・エネルギー摂取量と消費量のバランスが改善され、減量効果がある

・加齢や運動不足による筋萎縮や、骨粗しょう症の予防に有効

・高血圧や脂質異常症の改善に有効

など、さまざまな効果がみられます。

 

食事療法はより血糖の上昇を抑え、運動療法はより血糖を降下させます。それぞれ効果に違いがあり、相乗効果があるため糖尿病の治療には両者が欠かせないのです。

 

「運動がいいのはわかるんだけど、運動って何をしたらいいの?」そんな声をよく聞きます。運動というと、ジムに通ったり、スポーツをすることを想像される方も多いのですが、特別な何かを始めなくても、少しだけ意識をすることで運動量は変わります。

・エレベーターではなく階段を使う

・電車やバスでは座らず立つ

・少し遠回りをして家に帰る

・いつもより歩く時間を10分長くする

など、できそうなことから始めてみるのもいいと思います。

そして、糖尿病の治療効果を高めるといわれる、1日に8000歩、そのうち20分が中強度の運動という理想の形に近づけていきましょう。中強度の運動とは、歩きながら隣の人と会話ができるくらいの強さです。普段歩いている速さより、少し速く歩いたり、少し歩幅を大きくしたり、腕を大きく振ることで運動の強度を上げることができます。

 

当院では、運動の強度がわかる歩行強度計の貸し出しを行っています。万歩計のように持ち歩くだけで、1日の歩数や中強度の歩きを教えてくれる機器です。

お試しになりたい方は、ぜひお越しください。

これからの糖尿病治療に役立てていただけると幸いです。

 

管理栄養士 / 健康運動指導士

奥村 遥香

       

        

カテゴリー|