院長の糖尿病ノート

糖尿病の食事療法

2017.04.18

糖尿病の患者数は年々増え続け、最も新しい厚労省の患者調査では患者数は316万6,000人となり、前回調査の270万から46万6,000人増えて過去最高となっています。
また、国民健康・栄養調査では、糖尿病が強く疑われる成人男女は約950万人、病気の可能性を否定できない「糖尿病予備群」は1,100万人にのぼります。
このような患者数の急激な増加の背景には、食生活の欧米化やモータリゼーションによる運動不足、ストレスといった生活習慣の問題があります。
そこで、糖尿病の改善には、食事や運動といった日常生活の基本的な生活習慣を是正することが不可欠です。
その中でも食事療法は、糖尿病治療の基本です。
では、糖尿病の食事療法はどうすればいいのでしょうか?

●エネルギー量は適正ですか?
糖尿病の食事療法の基本は、適切な栄養バランスを保ちつつ、総エネルギー量(カロリー)を適正化(摂りすぎている人は少なく)することです。
適正なエネルギー摂取の維持は、インスリン分泌能の改善や体重減少によるインスリン抵抗性の改善が期待されます。
総エネルギー量の決定方法は以下のとおりです。
糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素をバランスよく摂りながら全体のカロリーを減らして適正化します。
極端なエネルギー制限や、糖質制限を行うこともありますが、患者さんの日常生活の中で無理なく続けられるようにするということが大切です。

目標とすべき摂取エネルギー量の決め方
1.標準体重を求める
BMIを使って:(身長m)2 x 22 = Kg

※例えば、身長160cm(1.60m)の人は、
1.60 x 1.60 x 22 = 約56kg

2.摂取エネルギー量を決める
〇軽労作(デスクワークが多い職業、主婦など) 25~30kcal x 標準体重(kg)
〇普通の労作(立ち仕事が多い職業など) 30~35kcal x 標準体重(kg)
〇重い労作(力仕事が多い職業、スポーツ選手など) 35kcal x 標準体重(kg)

 

 

●規則正しい食事をしていますか?
1日2食または1食といった食生活の方が多くみられます。
せっかく1日のエネルギー量が適正でも、食事回数が少なく1回の食事量が多いと、食後の血糖値が上がりやすくなり、太りやすくなってしまいます。
食事は、1回の量がなるべく均等になるように3食に分け、決まった時間に規則正しく食べるようにしましょう。
また、間食はできる限り減らしましょう。

●栄養相談について
当クリニックでは、管理栄養士による個別の栄養相談を行っております。
食事療法に関するご相談や、詳しい食事療法の話をおききになりたい方は、医師またはスタッフにお伝え下さい。

カテゴリー|

糖尿病の運動療法

2017.04.18

仕事はデスクワークでほぼ1日座りっぱなし、いつもエレベーターを使う、外出には、近くでもつい車を使ってしまう・・・。
このような生活では、どうしても運動不足になりがちです。

●どんな運動がいいの?
運動療法の基本は、ウオーキング、ラジオ体操、サイクリング、水泳などの有酸素運動です。
中でもウオーキングは手軽に取り組めるため、続けやすく最もお勧めです。
目安としては、週3日以上・合計150分以上(3日以上あけない)です。
また、運動開始後約20分までは、エネルギー源としてブドウ糖が消費され、それ以降は脂肪がエネルギー源として使われるため、できれば20分以上続けて運動しましょう。
時間を確保するのが難しい場合は、何度かに分けて合計30分以上確保するのでも効果は期待できます。また、食後1〜2時間がお勧めです。

 


また、ダンベルやチューブ、自分の体重などで負荷をかけて行うレジスタンス運動(筋力トレーニング)も効果的です。
特に高齢者の方は、筋肉が徐々に衰える「サルコペニア」と呼ばれる状態が心配となります。
筋肉が減ると、インスリンの効きが悪くなり(インスリン抵抗性)、糖尿病になりやすくなります。
レジスタンス運動により、筋肉を増やすと、インスリンの効きが良くなり、基礎代謝も増え、太りにくい体質になります。
有酸素運動とうまく組み合わせて行うと、ブドウ糖や脂肪を効率的に消費し、血糖値改善に一段と効果をもたらします。

 

●運動をするとどうなるの?
運動療法には、ただちに現れる効果(急性効果)と、ゆっくり現れ長期間継続する効果(慢性効果)があります。
ただちに現れる効果は、運動直後の血糖降下です。
長期間継続して現れる効果は、体重減少とインスリンが効きやすい体質になること(インスリン抵抗性の改善)です。
また、運動をすることによって、筋肉の量や筋力を維持できることにより将来寝たきりになる危険を減らし、心肺機能の維持・向上、ストレス発散などの効果も期待できます。

 

 

●運動の強さはどれくらいがいいの?
「少しきつい」程度がお勧めです。
50歳未満の患者さんは脈拍が1分間に120回、50歳以上の患者さんは1分間に100回になる程度の強さが目標です。
強度が弱すぎては運動効果が上がらず、強すぎると心臓に大きな負担がかかったり、関節などを痛めたりして危険です。
「歌は歌えないけれど、おしゃべりしながら続けられる」感覚です。

 

●注意点
合併症の状態や持病によっては運動が勧められない場合もありますので、運動を始める前に主治医と相談することが大切です。
また、運動を効果的に安全に行うためには、どんな種類の運動を、どれくらいの強さで、週何回ぐらい行うかが重要ですので、これも主治医に相談して下さい。
薬物療法を併用している場合は、運動中・運動後だけでなく予想外の時間に低血糖を起こす可能性があるので注意が必要です。
必ずブドウ糖を持ち歩くようにしましょう。運動療法も、食事療法と同様に、無理をせず、継続していけるように日常生活の中に取り入れていくことがポイントです。
自分に合った運動メニューを考えましょう。
また、「エレベーターより階段を使う」、「ちょっとした距離なら歩いて行く」など、日常生活の中でも身体を動かすことを意識して下さい。

 

カテゴリー|

境界型糖尿病・糖尿病予備軍といわれたら

2017.04.18

「境界型」「予備軍」とはどのような状態でしょうか?

境界型とは、ブドウ糖負荷試験にて正常型にも糖尿病型にも属さないものをいいます。

境界型には、糖尿病発症過程、糖尿病が改善した状態など、いろいろな状態が含まれます。

予備軍も、境界型とほぼ同じ意味で用いられています。

境界型の問題点は、正常型に比べて今後糖尿病を発症する危険性が高く、脳卒中や心筋梗塞などに繋がる動脈硬化症の危険性も高いので、血糖値の改善や、定期的な検査が必要です。

決して、「糖尿病じゃなくて、境界型(予備軍)でよかった!」と安心はできないのです。

早めに改善に取りかかりましょう。

カテゴリー|